理事長コラム

一般社団法人日本経済協会 理事長
早稲田大学名誉教授 経済学博士 田村正勝

理(ことわり)と情(なさけ)と三昧

有時而今(うじのにこん)

tamura_rijicho_b

 山に登っている時の山は、以前に地上から美しいと眺めた山ではない。物理的には同じ山であっても、いま登っている山は、単に眺めた山と意味が違う。そのように全ての現象や存在物は、認識する者の「その時々の認識と行為」とともにあり、「認識・行為の時」と切り離せない。それゆえ全ての「存在(物)」は、「ただ今、この時の一回かぎりの存在」であるゆえ、存在はこの一瞬の時とともにある。

 道元の「有時而今(うじのにこん)」は、このことを意味している。全ての存在が「有」であり、それは「時間」である。その時の存在であり時間であり、代替し得ない「一回かぎり」の「存在」であり「時間」である。それゆえ道元は「ただ今、現在」に浸り切る「三昧」の大切さを主張し、「有時而今」を説いた。

 何のためにとか、悟りを得ようとか考えずに、ひたすら座禅をする「只管打坐」の教えである。これは「大自然に生かされて生きている本来の自己の姿」に浸りきるところの、「自受用三昧(じじゅゆうざんまい)」の実修実証にほかならない。同様に夏の炎天下に老人が、ひたすらに茸を乾す。陽が落ちて涼しくなってから、あるいは誰か若い者にやってもらうなどと考えずに、茸乾し三昧の「只管乾茸」である。これも同様に、何事につけても「瞬間々々三昧」であれとの教えである。

 道元が中国で修行していたある日、腰が曲がり地面に顔がつきそうな老コックさんが、炎天下に茸を干していた。そこで道元は彼に向って「涼しくなってから広げれば良いでしょう、またこの寺には若い者がいますから、彼らに任せたらよいでしょう」と言った。すると老人は答えた「いずれの時を待たん、人は我にあらず」と。つまり君のように「涼しくなってから、あるいは誰かにやってもらう」などは、仏教を理解していないからだと叱られたと言う。

 

「ここで今」と三昧

 道元の「有時」は、したがってハイデガーの「存在と時間」ではなく、敢えて言えばアウグスティヌスの「hic et nunc」(here and nowここで今)に近い。アウグスティヌスは、過去は「想い出の今」、将来は「希望の今」であり、過去も将来も「いま」に収斂している。それゆえ「ここで今」を精一杯生きることを説いた。

 またニーチェも「力への意志(Wille zur Macht)」を説くが、この力は何かのための力ではない。いま何かに打ち込んでいる力であり、いわば「力のための力」である。意志も何かのための意志ではなく、いま遂行している意志、いわば「意志のための意志」である。 

 したがって「力への意志」は、ただいま現在の行為に、無邪気な子供のように浸りきることであり、それは「三昧」といっても良いであろう。ちなみにニーチェのこの論文の邦訳本が『権力への意志』と訳しているが、これは誤訳である。

 周知のとおりニーチェの『ツァラトゥストラかく語りき』の「精神の三つの変化」も、第一が駱駝のように従順で、第二に獅子のように果敢に欲望を追求し、第三段階では無邪気な子供のように、行為に無心に溶け込み、いわば「三昧」となるという。

 

「ことわり」と「なさけ」と「愁いの力」

 道元の三昧は、しかし厳しい修行を要求する。弟子の懐奘(えじょう)が、危篤状態に陥った母親を、看取りに行くことを許さなかった。「修行をさしおいて、看病を先とすべきではない」といい、それは「妄愛迷情の悦び」に過ぎないという。なぜ道元はこれほどまでに厳しいのか。

 道元は3歳で父親を、8歳で母親を亡くし、14歳で比叡山に入ったが、4年で下山して臨済宗の建仁寺に入り、明全(みょうぜん)に師事した。そして二人は宋へ渡る機会を得たが、明全の師が重病に伏したゆえ、明全の入宋を延期するように頼み込まれた。

 これに対して明全は「入宋を中止しても命が伸びる訳でもない。一人のために尊い時間をむなしく過ごすことは仏意にかなわない。入宋し悟りを開けば、多くの人が道を得る縁となる」と言い放った。道元はこれに感動したという。

 ところで道元の「閑居之時」の漢詩(偈(げ))に「愁人莫愁人道 向道愁人愁殺人」(愁人は、愁人に向かって道(い)うことなかれ 愁人に向かって道(い)えば人を愁殺す)とある。愁いある人に向かって愁いある人が説けば、いっそう愁いが増し耐え難くなるということであろう。

 確かにそうした事実もある。しかし病んだことのない人に、病気の苦しさは分からない。愁いのない人は、他人の愁いをなかなか理解できない。悲しみ苦しんでいる者どうしが、慰みあい涙も涸れて、一切が明らかとなり、明らめ(諦め)られる。

 そればかりか「犯罪被害者の会」や「交通事故遺族の会」などをはじめ、多くの悲しみを共通にする「自助グループ」が、世直しのボランティアにも立ち上がっている。道元のように「理」の立場にたち、厳しい自己抑制と修行も大切であるが、他方で人間の「情」も大衆救済の力を持つ。したがって道元も『正法眼蔵』において「愛語回天」も説く。

 いわく「面と向かって愛語を聞けば、気持ちがなごみ、人づてに愛語を聞けば、肝に銘じ魂に銘じる。愛語は愛心から生まれ、愛心は慈悲の心から生まれる。愛語には革命にもちかい大きな力があることを学ぶべし」と。

 このように見てくると、漱石の『草枕』の冒頭の一説「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。」が偲ばれる。この文章は、実に軽妙に心理と真理を突いているが、本当に重い内容である。企業でも学校でも、この「理」もしくは「智」と「情」とが上手に按配されれば、みな楽しく「三昧」気分で励むことができると思われる。

                                 (2017/1月 記)

 

勝負は半ばの勝ちを以て最上とする

 ドイツの哲学者カール・レーヴィットは、東北帝大で教鞭をとり、太平洋戦争の勃発で日本を離れたが、その時次のように述べた。「近代文明にはプラス面ばかりでなく、マイナス面もある。したがってヨーロッパでは、このマイナスが生じないように約300年かけてゆっくりと近代化を進めてきた。しかし日本は明治維新以降、ヨーロッパの3倍の速さで近代化を進めている。これは大きな悲劇をもたらすであろう」と。

 残念ながら彼の洞察どおり、日本の速すぎる近代化が、戦前の「軍事ナショナリズム」をもたらし、広島と長崎の原爆という結果をもたらした。それゆえ戦後は反省して経済の復興発展を至上命令とした。しかし今度はこれが「経済ナショナリズム」に繋がり、過剰輸出をもたらしたから、1971年のスミソニアン協定により一気に1ドル360円から308円にされ、その後は恒常的に円高の更新を余儀なくされた。

 それゆえ日本も「経済ナショナリズム」から「経済グローバリズム」に方向転換したが、このグローバリズムの理念は、基本的に英米流の「自由貿易主義」の推進であるから、世界的な「弱肉強食」の論理にほかならない。また国内経済においても「可能な限りの自由主義的な市場経済」の推進である。TPPもこれらの理念に基づいている。

 このような自由主義のグローバリズムが進展すれば、国際的にも国内的にも経済格差が拡大することはここ数10年で一層はっきりとしてきた。そうした格差を告発するピケティの『21世紀の資本』が注目されるのも当然である。

 この経済格差が、人々の企業や国および世界に対する「信頼度」を弱め、社会全体のモラルの低下にもつながってきた。これと並行して今や「議会制民主主義の形骸化」「市場経済のカジノ化」「大企業の強欲経営化」など「社会システムの機能不全」も進んでいる。

 人類は多くの文明を形成し、これを崩壊させもしたが、それらの文明の崩壊はいずれも「生態系の撹乱」「社会システムの機能不全」「モラルの退廃」の3つの複合汚染であった。われわれの近代文明も、この要素を次第に重く背負いつつある。とくに「IT化」をともなう「経済のグローバル化」が進めば、同時に「テロのグローバル化」も進む。テロリストもカネも武器および情報も、簡単に国境を超えるのである。

 TPPを推進し、金融緩和を続け、GDP600兆円を目指すなどの「経済主義」は、こうした大きな文明的な歴史認識を一顧だにしない、お粗末なスローガンである。ちなみに武田信玄は「戦いにおいて最上の勝利は、半ばの勝ちである。これに反して相手を叩きのめす勝利は最悪だ」と言ったが、まさに至言である。相手を叩きのめすような「自由貿易主義」は最悪である。国際経済学者も為政者も、武田信玄に学ぶべきであろう。

 

ホームページ リニューアルに際して(2015/10記)

理事長コラム

btn_keikibtn_compassbtn_kaiinbtn_kaiin

一般社団法人 日本経済協会
東京都千代田区神田平河町1 第3東ビル
Tel:03-5835-2738  Fax:03-5835-2748

プライバシーポリシー

Copyright © 2015 日本経済協会. All Rights Reserved.